Web解析とは

Webページに解析ツールを導入しアクセスログデータなどを見ていくことで、Webサイトの特徴や傾向、アクセスするユーザーの特徴や傾向、「どういった流れでWebページを閲覧するのか」などを解析していく分析手法のことです。このWeb解析を専門に行うプロフェッショナルとして、「ウェブ解析士」という認定資格も設けられています。

web解析

Web解析の目的

Webサイト公開の目的は様々な理由があると思いますが、企業や組織がWebサイトを公開する場合、多くの顧客を集めることや売り上げを上げることなど、「成果」を求めるためでしょう。ただ、ほとんどの企業や組織がWebサイトを公開している現状では、Webサイトを公開しただけで「成果」を求めることは難しくなっています。そこで、Webサイトのページに対する「アクセス解析」(ログ分析やアクセスログ分析、アクセスログ解析など)を通して得たさまざまなデータを元に仮説を立て日々改善活動に取り組み、それを「成果」につなげていく必要があります。この一連の行動を「Web解析」と呼んでおり、現代のWebサイトには必要不可欠な手法といえるでしょう。
Google Analytics(アナリティクス)について

Google社が無料で提供しているWebページのアクセス解析ツールのことです。無料で高度な解析ができ、カスタマイズが可能なWeb解析レポートを作成できるのですが、初心者にとってその機能を使いこなすことは至難の業。そこでGoogle Analyticsの分析は「ウェブ解析士」にお願いすることが効果的な活用方法だといえます。

Web解析で大事なこと

アクセス解析ツールを導入することや、アクセス解析レポートを作成することがWeb解析の終着点ではありません。Web解析にとってもっとも重要なことは、解析後の改善とプロモーションです。お客様が望むユーザーのアクセスの流れ、閲覧して欲しいと考えているWebページへの誘導、効果的なキャンペーンの方法など、Web解析以降の「提案~制作」までを行うことで初めて、徹底したWebサイトの改善を目指すことが可能となります。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る